• FC.VIDA

技術

「身長はないけど、技術は1番あるから取るべきだ」

彰吾がこう言っていたことをよく覚えている。


1年目、試合をしていく中で他チームのスタッフからは

「あのGK技術がしっかりしているね」

よく言われたものだ。


けれど、その頃はなかなか試合に出れていなかった。

中学年代でよくあるフィジカルの問題だった。

特にGKは大きなゴールを守る上で、小さい、弱いは大きな欠点となる。

それでも3年になる頃には大体がそんなネガティブなものは克服できている。

君はサイズ的にも大きくなり、持ち合わせていた技術を発揮できる機会が増えていった。


それでも2年の頃は、君たちはまだ均等で

良い意味でみんなで高め合うことができていました。


3年になり、どんどん成長していく君はチームに欠かせない存在になっていました。

この成長は凄まじかった感じています。


ビルドアップの上手さ、シュートストップの上手さ、

高円宮杯FC府中戦のバイシクルのストップは鳥肌ものでした。


だからこそ、1・2年の頃のイマイチ本気になれない感じが勿体なかったです。

本気にさせられなかったことを後悔しています。

高校では、常に本気な君で、より大きくなってくれることを願っています。


VIDAを選んでくれてありがとう!

坂岸良太郎!


閲覧数:200回0件のコメント

最新記事

すべて表示