• FC.VIDA

TRM

11月23日(火)

学芸大学附属小金井中学校 15:00 kickoff

vs FC東京むさし


[スコア]35分2本

前半:0-4

後半:0-6

合計:0-10


すべて後手に回ってしまい

相手のハイテンポな攻撃にまったく対応できずに見事なまでの敗戦。


1年前であればこんなスコアも十分あり得たわけだけれど大きな成長を感じることのできた内容だった。


[スコア]35分2本

前半:0-2

後半:1-1 匡法

合計:1-3


前半中盤に素晴らしいCKを直接決められ

前半ATにまたもCKから失点。


セットプレー以外は耐えることができた。

そうではなく、何度もセットプレーを与えてしまうエリアに侵入されてしまったと選手たちは感じているはずです。


このように感じられるようになってきたことが素晴らしい成長。


後半はカウンターから見事に決められたものの、素晴らしいパスワークから得点。


終始守りに入るのではなく

フィニッシュまで何度も持ち込めたことや

相手の状況に合わせながら逃げずにトライしたことが何より素晴らしかった。


ただ負けは負けであり

失点した時間帯や時間帯を意識したプレーの選択ができなかったことは事実であり

甘さも多いゲームだった。


この経験を週末に絶対に活かすこと。



閲覧数:273回0件のコメント

最新記事

すべて表示

TRM

5月21日(土) 大神公園サッカー場 13:00 vs東京久留米 [スコア]25分6本 ①0-3 ②1-1 そうわ ③0-2 ④0-1 ⑤3-0 ゆきと そうわ しょうま ⑥0-0 自分に与えられた役割やポジションに求められるプレーに対しての理解度がまだ低い。 自分のやりたいプレーが良い判断であることもあるけれど、そうでないときにやりたいプレーを優先しているようでは良いプレーは生まれない。 狙い