• FC.VIDA

TRM

4月24日(日)

大神公園サッカー場 11:30 kickoff

vs トリプレッタ


[スコア]25分7本

①0-1

②0-0

③0-0

④0-1

⑤1-1琉生

⑥0-0

⑦0-2


ボールを奪うことができなければ攻撃は始まらず

奪う位置が低ければゴールは遠ざかる


奪いたい気持ちがあったとしても

本当に奪える状況かどうかが重要で

相手がボールコントロールに成功している際に個人で奪いに行って剥がされてしまう場面が非常に多かった。


またその際にグループでボールを奪うために周囲の選手からの誘導するコーチングや奪い所でのプレッシングに対するコーチングが不足していた。


もう少し前線からの守備を整備することができれば

ゴールも近づき、失点も少なくすることができた。


前線へのスキップパスの飛距離が出ない状況で低過ぎる位置からビルドアップを開始してしまったことは反省点。


良い経験となるよう積み重ねていこう!


閲覧数:222回0件のコメント

最新記事

すべて表示

TRM

TRM

5月8日(日) 小菅G 9:00 vs ジェファ [スコア]25分6本 ①0-4 ②1-1頼人 ③0-1 ④0-0 ⑤1-1琉生 ⑥0-0 観ておく、観る、観直す。 判断の遅れやその場でのキープでプレッシャーを受けてロストすることが多かった。 徐々にテンポアップして前進し、バイタル付近まで侵入することはできていたので、最後の突破の部分で裏へ抜け出せる選手を増やしていきたい! レベルが上がれば上がる